nolting社紹介

ノルティング社は、1947年に設立されて以来、およそ60年間一貫して木質バイオマスボイラに特化した開発を行ってきており、世界最先端の木質バイオマス燃焼制御技術を土台として、全世界で2万台以上の普及実績を誇ります。


木くずからエネルギーを回収することで、環境保護に貢献

2.5kgの木くずから、石油1リットルに相当するエネルギーを得ることが出来ることをご存知ですか?このエネルギーの回収は、「廃材をなくすこと」と「エネルギーの消費を抑えること」の2つを結び付けます。燃料に木くずを用いることで、カーボンニュートラル、すなわち排出される二酸化炭素の量と吸収される二酸化炭素の量が保たれ、自然の平衡が維持されるのです。


nolting(ノルティング)社の燃焼技術は排気を減らし、環境保全活動を促進します

このことはノルティング社の燃焼技術には欠くことのできない要素です。環境に直接影響を及ぼす製品の開発には、より環境への負荷を抑えた燃焼技術 - 高い燃焼効率を可能にする技術 - の開発と環境保護に対する責任を有します。ノルティング社では、革新的な技術とスタンダードな技術の融合によって、この重要な2つのコンセプトを可能にします。


入念な分析と専門家によるアドバイスは、目覚しい成果を収めるための基本的な前提条件です

ノルティング社では、お客様がご使用になる燃料に関することや特別なご要望など、あらゆることに対して専門家がアドバイスいたします。また、ノルティング社では、ノルティング社のボイラ設備を使用するお客様と環境の両方に対し、あらゆる点において最高の品質、信頼性、安全性を提供いたします。

ノルティング社の環境にやさしいボイラ技術で、将来性のある投資をしてはいかがですか?

nolting(ノルティング)社の概要


社  名: nolting (ノルティング)
業   種: 木質バイオマスボイラメーカー
所在地: ドイツ/デトモルト
創   業: 1947年
代表者: ヨアヒム・エッガース
従業員: 約50名
販売台数: 2万台以上

ノルティング社の工場概観

ノルティング社のあるドイツの都市デトモルト